彼から連絡が来るまで連絡しないのは得策?それとも下手な策略?

恋愛運




いつも自分から連絡する。
彼発信の連絡は、なかなかない。

そんな状況を変えるのに、「彼から連絡がくるまで連絡しない」というのは、本当に効果があるのでしょうか。

2つの具体例と、効果的な理由をまとめました。

この記事を書いた人

のの子
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。

例①いつも自分から連絡ばかりして破局した

お話を聞いた人
Aさん・31歳・独身・女性
お相手はSさん・30歳・独身

そんなにモテるわけでも、カッコいいわけでもないのに、なぜかとてもナルシストで自分に自信満々の彼。

連絡するのはいつも私からでした。

彼から連絡くることはほとんどなかったし、連絡しても素っ気ないこともザラでした。

私もそんな彼に苛立ちながら、放っておけばいいのになんだか悔しくて自分から連絡してしまい、すっかり彼のペースに・・・。

そんな私の態度にすっかり安心したのか、彼は私に対してどんどん「俺に惚れてんだろ?」的な態度になってきました。

最後は、結局私がそんな彼に嫌気がさしてしまい、別れてしまったんですけどね…。

Aさんから常に連絡がくるので、彼氏はすっかり安心してしまい、「釣った魚に餌はやらない」状態が出来てしまいました…。

連絡しないことで追う立場から脱却する

恋愛のひとつのパターンとして、追っている側の立場が下、追われている側が立場が上となりやすい傾向があります。

追われている側の立場が強くなってしまい、恋愛の主導権を握ってしまう。

もちろん追われる側になって彼女の好意をしっかり確信しても、ちゃんと優しく出来る男性も多くいます。

ですが、中にはAさんの元彼のように、追ってくる彼女に威圧的になる人もいるのが事実です。

そんな嫌な扱い、受けたくないですよね。

そうならないためには、彼と対等の立場でいることが大事。

彼から連絡するまで、連絡しないで待てば、一方的に追う立場から脱出する一歩になります。

Aさんの体験談は、こちらの記事でも紹介しています。

CHECK潮時かなと思う時・それでも別れられないのはなぜ?経験者に聞いてみた

例②今までマメだった彼から明らかに連絡が減った

お話を聞いた人
Oさん・30歳・独身・女性
お相手はTさん・42歳・独身(バツイチ)

年が一回り離れた年上の彼。

連絡もとてもマメだったのに、ある時から明らかに連絡が減りました。

デートの話をしても返信なし、返信があったとしてもすごく遅い。

絶対変だと思ったら、やっぱり彼、別の女性としょっちゅう食事に行ったり、仲良くLINEしてたみたいなんです。

もしかしたら、彼を他の女に取られちゃうかも…と思うとスゴく焦ってしまって…。

ついつい何度も連絡してました。

「今日、どこで仕事?」
「仕事が終わったら、どうするの?」

とか、今までしなかった詮索するような内容までするようになりました。

そうすると逆効果で、彼からどんどん避けられるんですよね。

連絡しても既読にすらならなくなってきて…。

私はどんどん不安になってしつこく連絡しちゃうし、彼はますます私を避けるから、ホントに危機でした。

結局時間が経ったら、彼からの態度は自然に戻りましたけど。

「連絡せずにどっしり構えるのが一番」って言うけど、実際は難しいですよね。

後ろめたいことがあるとき、何度も連絡があると、どうしても接触を避けがちになってしまいます。

連絡しないことが短期での幕引きにつながる

浮気、別の異性の存在などで、彼氏が一時的に舞い上がってしまった場合、「どれだけ短期間で幕引きさせて、自分に返ってこさせるか」が勝負です。

悲しいですが、人はどうしても希少価値のあるもの、手に入れるのが難しいものを優先させてしまいます。

あなたの存在に安心していればしているだけ、あなたの事は後回しになり、遠ざけるような態度になります。

不安で、マメに連絡してしまう気持ちは本当にわかるのですが、こういうときこそ追わない。

彼氏から連絡があったときだけ返信するくらいで丁度いいのです。

「このままあなたの存在をなおざりにしていると、ヤバいよね」と彼に思わせるには、どちらが効果的でしょうか。

パターン①は、他の女性にちょっかいを出していたら、あなたから全く連絡がなくなった。

パターン②は、あれこれ詮索されて、以前よりしつこく連絡がくる。

ヤバいと思うのは、パターン①ですよね。

彼から連絡がくるまで連絡しないことが、早く連絡をもらうコツです。

あわせて読みたい大切にされたいのに大切にされない?そう感じたらどうする?

恋愛の基本!ペースを合わせる

このブログで何度も書いていますが、恋愛で上手くいくための基本中の基本に「相手とペース、テンションを合わせる」という法則があります。

人は、自分の熱量やテンションの差がある人といると、居心地の悪さを覚えます。

例えば、自分が「今日はゆっくりして癒されたい」と思っているとき、同じように癒しを求める人と一緒にすごすことは出来ますよね。

でも、パーティーのように大騒ぎしたい人とは、どんなに親しい人でも「今日は勘弁して」となりますよね。

彼とあなたがそうならないよう、相手のテンション、ペースに合わせてあげるのが、「居心地がいい」と思ってもらえるコツ。

連絡の頻度も同じこと。

相手の連絡の頻度に合わせると、スムーズに関係が進むことは多くあります。

自然消滅は、そんな簡単におこりません。

勇気を持って、彼から連絡くるまで連絡せずに待ってみてください。

彼の連絡を待たずに連絡したらよいケースもある?

連絡は待った方がいい!と言いつつ、唯一「一刻も早く連絡するといい場合」もあります。

それは喧嘩をしたとき。

もし、まだ一言も謝っていない状態なら、とりあえず「ごめんなさい」の連絡だけはする。

そのあとは彼からの連絡を待てばいい。

参考記事大喧嘩から仲直りして前よりもっと仲良くなる方法を占い師に聞いてみた

こんな記事も読まれています
タイトルとURLをコピーしました