運命の人と出会うとどうなる⁉不思議な変化が訪れ導かれるまま…

恋愛運

運命の人との出会いは、ある日突然訪れます。

その出会いには前兆があり、出会いに合わせたように不思議な変化が訪れます。

運命の人との出会いを体験した人は、どんな感覚を覚え、どんな行動をしたのでしょうか。

運命の人と出会うとどうなるの?人生に変化が訪れる?

運命の人。

とても素敵な響きですね。

すでに運命の人には出会っているのか、それともこれから出会うのか。

運命の人に出会ったという3人の体験談をきいてみました。

お話を聞いた人

Rさん(女性)41歳
Keさん(男性)40歳
Asさん(女性)36歳

運命の人に出会うまで・まずは前兆から始まるの?

Q.運命の人とはどんなふうに知り合いました?

Rさん
Rさん

私の思う「運命の人」は、今の主人です。

主人と出会う前の私は、ちょうど人生の絶不調期でした。

独立して始めた小さなビジネスもうまく行かず、4年つきあった不倫相手から別れを告げられ、どこにも心安らぐ場所がない状態でした。

KEさん
KEさん

僕も「運命の人」は、今の奥さん。

僕は、社会人になっても実家暮らし、近所の会社に勤めていてすごい平凡な生活をしていました。

そんなとき、友達から「同じ苗字の女の子がいて、面白いから会ってみたら?」と言われて紹介されたのが奥さんでした。

Asさん
Asさん

私も主人を運命の人だと思っています。

出会ったころ別の人と付き合っていたのですが、なんと既婚者だったことが判明し、すごく辛い思いをしていたころでした。

皆さん、運命の人は今の奥さん、旦那さんなんですね!

うち2人は、大きな失恋の直後に知り合っているという…。

Q.今思えば出会いの前兆だと思えることは?

Rさん
Rさん

前兆なのかな?

「人生こんなに悪いことが続くのか!」って最悪の時期でした。

主人と知り合ってからもしばらくは不調は続きましたけど。

Keさん
Keさん

僕は「このまま実家と近所の会社の往復の人生でいいんだろうか…」と疑問を感じ始めたときだったけど…。

しかも実家がまあまあな田舎で(笑)

ただ、ちょうど奥さんも長年勤めたアパレルの仕事「本当に自分に向いているのかなー」と感じて、転職を考えだした時期だったようです。

そういうところは2人でシンクロしてますね。

Asさん
Asさん

振り返ればですが…。

ちょうど仕事が嫌になってきたころだったかな~。

部署が変わって、これまでのハードワークからプライベートを楽しめる時間の余裕が出来たころでした。

Rさん
Rさん

前兆というより、人生の大きな流れがゆっくりと変わりだした起点と言う感じかな。

Keさん
Keさん

僕も「前兆」と言えるほどのことは起きてないような。

結局、未だに実家の近くに住んで、転職もしていませんし(笑)

あ、奥さんは転職したけどね。

ずっと都会に住んでた奥さんは、今の家をとても気に入っています。

結果的には、僕は今のままで十分幸せなんだと思えるようになりました。

Asさん
Asさん

前兆だったかはわからないkど、間違いなく「あのあたりから人生変わってきたよな~」と思える分岐点ではありましたね。

皆さん、よく前兆で言われる「眠い」とか「ゾロ目を見る」などはなかったようですね。

なんとなく今の生活や人生に疑問を持ち始め、モヤモヤしていた時期に出会っています。

後で振り返ると、そこが大きな曲がり角だったと感じているようです。

Q.運命の人と会った瞬間・第一印象はどうだった?

Rさん
Rさん

私は恋愛対象として知り合ったわけではないので、特になんとも思いませんでした。

ま、話が弾んだし共通点は多かったし、その点では楽しかったけど…。

この人と結婚するとかは、特に感じなかったです。

Keさん
Keさん

奥さんを初めて見たときは「なんて挙動不審な奴なんだ??」と、正直印象悪かったです。

目もあわないし、ちょっと変わってるし…。

ただ、数時間後には「あ、この人と結婚するかもなー」と直感で思いましたけど。

これ、今でも奥さんに言うと「印象変わりすぎ」って笑われます。

Asさん
Asさん

私もすごい自然な出会いでしたね~。

でも、旦那は初めて会った日の夜、私が夢に出てきたって言ってました。

2回目に会った時は大勢での飲み会で、そのときには「楽しい人だな」と好意を持ちましたけど。

Rさん
Rさん

ビビビとくるというより、すごくおだやかで自然な感じです。

Keさん
Keさん

そうそう!

自然って言葉が一番しっくりくる。

「相手も自然なんだろうなー」ってわかるし。

Asさん
Asさん

主人は小太りのおじさんで、全然モテるタイプじゃないんですよ(笑)

でも私、もともと喜劇役者みたいな人がタイプだったので。

友達はみんな「これはドンピシャなタイプだな」ってわかったらしい(笑)

第一印象も電気が走るような衝撃というより、自然でおだやかな感じですね。

第一印象悪かったって意見までありますから。

また一般的にモテるタイプじゃないのに、なぜか自分にはどストライクってのも「運命の人」らしい(笑)

Q.「あの人が運命の人」と思う一番の理由は?

Rさん
Rさん

まずは結婚してからの安心感。

これまでの元彼を思い浮かべても、ほんと結婚するなら今の主人しか想像できない。

「この人だから、結婚生活がこんなに平和で安定してるんだろうな~」って思える。

Rさん
Rさん

付き合っているうちに2人とも同じようなタイミングで、仕事の忙しさがスローダウンしていったんですよ。

お互い忙しくて、月に1~2回しか会えなかったのに、なぜか毎週会えるようになり、そのうちお互いテレワーク状態。

どっちか片方がスローダウンするんじゃなくて、2人とも同じタイミングって、運命を感じますよね。

Keさん
Keさん

僕が「運命の人だ~」と思う理由は、とにかくうちの家族と奥さんが一気に仲良くなったことですね。

両親は本当の子供みたいだって言ってたし、お姉ちゃんともすごい仲良くなって、結婚式ではお姉ちゃんの着物を着させてもらいました。

Keさん
Keさん

家族といえば、奥さんのお姉さん夫婦もすごい付き合いやすい。

ここまで人間関係スムーズなのって、もう前世はみんな家族とかじゃないですか?(笑)

Asさん
Asさん

私はとにかく結婚までがスムーズ過ぎましたね。

彼、既婚者だったにもかかわらず、あっと言う間に離婚が成立。

私も円満退職して、専業主婦になりました。

同僚からは「あんなにキャリアウーマンだったのに~」と言われましたけど、専業主婦にも向いてたみたいです。

行列が出来てる占い師さんに2人のことを見てもらったときに「2人は前世からの知り合い」と言われたのもあります。

結婚までがスムーズ、結婚生活がおだやか。

スムーズだからこそ、特別な運命な人っていいですよね。

Q.運命の人に会う前に偽運命の人に出会った?

Rさん
Rさん

うーん…

今は思い出したくもないけど、4年不倫してた人を運命だと思ってましたね。

「運命の人だから別れられない」とか、バカなこと考えてたし。

気をつけなくちゃ。

僕は出会ってないな~

私も主人の前に知り合った既婚者を運命の人だと思ってました!

だって、部署変わって引っ越しして、すぐに知り合ったんですよ~

最初は既婚者だって知らなかったから、ほんと運命だと思って…。

でも、その既婚者がセッティングした飲み会で主人と知り合いました。

運命の人にも不満はあったりする?

Rさん
Rさん

ときには夫婦喧嘩もしますよ。

夫のことで我慢してることもあるし、夫も私のことで我慢してることがあるはずです。

Rさん
Rさん

あとは結婚前だけど、別の女性に入れ込んで浮ついていた時期もありましたし。

運命の人でも普通に問題はあるんじゃないのかな?

Keさん
Keさん

僕は、奥さんの無防備な発言にハラハラするときありますよ。

「もうちょっと空気読んで話しなさい!」と言うのに、全然気にしてない。

Asさん
Asさん

私は不倫の末に小太りのおじさんと結婚したんで(笑)うちの両親が、彼のことを全然認めてくれないのが悩みかな。

彼に対する不満ではないけど…

Asさん
Asさん

あ、セックスレス夫婦なんですけど(笑)

きっと一般的には問題なんだろうけど、私たちは気にしてない。

Rさん
Rさん

確かに!

一般的に問題と言われることが気にならないというか。

うまく乗り越えていけるというか。

Keさん
Keさん

そうそう。

細かいこと気にする僕と、天然であんまり気にしない奥さん。

「世界は嫁を中心に回っている」と笑い話に出来る。

Asさん
Asさん

レス夫婦になってからは、2人の関係が別の段階に行ったみたいに思ってます。

親友のような。

でも、夫婦で手をつないでデートしたりしますよ。

運命の人であっても、悩みや不満はそれなりにあるようですね。

ただ「悩みや不満も運命」と受け入れ、過ごしているうちにスーッと消えていくような感じです。

最後に・ずばり運命の人に言いたいことは?

Rさん
Rさん

ありがとう。

長生きしてね。

人生で今が一番幸せなときです。

Keさん
Keさん

いつもありがとう。

これからもよろしく。

Asさん
Asさん

ありがとう。

結婚したこと、今の人生、後悔は一切ありません。

皆さん、日常に感謝をされているようです。

今の幸せが長く続くようにと祈っておられ、安らかで平和な日常が素晴らしいと感じます。

これこそ、運命の人がもたらしてくれた幸せなのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました