冷めて振ったけど後悔している人へ|彼の大切さに気付いたらどうするべき?

復縁




「気持ちが冷めてしまった」と別れを告げたのに、あとから猛烈な後悔に襲われる。

そんな体験談を持つ人は多くいます。

この記事を書いた人

のの子
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。

気持ちは冷めたんじゃなかったと落ち込む人へ

「気持ちが冷めた」と大好きな人を振ってしまい、後悔している人へ。

まさか彼を失って、こんなに辛くなるなんて…と今、苦しみの真っただ中ですよね。

「気持ちが冷めたんじゃなかった!愛が当たり前になっていただけだった!」と気づき、寂しさと喪失感が押し寄せてくる。

浮かんでくるのは、自分のワガママな態度や、彼に対しての心無い言葉ばかりで、自己嫌悪まで感じている。

でも、自分を責めるのをやめて、少しだけ気持ちを落ち着けてください。

まず、あなたは自分を責めるようなことは何一つしていません。

彼を振るなんて、ものすごい大きな間違いを犯してしまった???

そんなことは、ありません。

「身近にあるとても大切なものに気づかない」という状態から、「大切なものに気づいた」という状態に変わっただけ。

誰もが最初から「大切なもの」を「大切」だと知ることは出来ません。

それどころか、誰もが大切なものが大切だと気づくまで時間がかかるのです。

例えば、生まれ故郷、ふるさとの良さに気づくには、ふるさと以外の場所に行く必要があります。

日本という国しか知らない人は、日本の治安の良さが特別だとはわかりません。

海外に行って、夜遅くに女性が一人で歩くのは命の危険がある地域があると知り、初めて「日本の治安の良さ」を実感します。

実家を出て一人暮らしを始め、何もかも1人でやらないといけなくなったとき、やっと両親の有難さに気づく。

病気をしてようやく健康の大切さを知り、目が見えることにすら感謝するようになります。

このような例と同じく、あなたも大切な彼を失ったことで、彼の大切さに気付いたのです。

気づけて本当に良かった。

だから、「間違いを犯した…」と後悔し、自分を責めるのはやめましょう。

あわせて読みたい1度冷めた気持ちが戻るとき|男性はなぜ彼女に戻ったのか?

彼の大切さに気付いた後、どうするべき?

彼の大切さに気付いたあと、ここからどう行動するかが重要です。

選択は2つ。

元彼に感謝してお別れし、次の出会いに向けて一歩踏み出す。

もしくはもう一度彼に会い、復縁したいと気持ちを伝えるかのどちらかです。

元彼に復縁したいと伝える場合

「気持ちが冷めた」と彼に告げたときのあなたとは、別人になっているはすです。

まずは彼に「後悔している」と素直に伝えてみましょう。

いなくなって、彼の良さ、優しさに気づいたこと。

「気持ちが冷めた」のは間違いで、側にいるのが自然で当たり前すぎるだったこと。

まるで自分の体の一部のように、あなたの生活に溶け込んでいたからこそ、重要なことに気づけずにいたこと、正直にあやまりましょう。

彼に受け入れてもらえない可能性も…

彼はあなたに振られて、あなた以上に絶望したでしょう。

自分の何が悪いかわからないまま、「気持ちが冷めた」と言われたのですから。

もしかしたら、あなたからの連絡を拒絶するかもしれません。

だけど、それは彼も苦しんだ証拠。

彼を責めることは出来ません。

ただ大切なのは、どうであれ、これまでの彼の存在に深く感謝し、これからの彼の幸せを願いましょう。

もし彼があなたの復縁を受け入れてくれたら…

彼が復縁を受け入れてくれたら、2度と彼を手放してはいけません。

別れて大切さがわかっても、なぜか復縁と別れを繰り返し、後悔している人もいます。

チャンスは1度しかありません。

彼も2度目は受け入れてくれませんよ。

今度こそ彼の存在に感謝し、彼にも愛を与えていきましょう。

CHECK復縁後に彼とうまくいくための方法とは?復縁したあとに気をつけたいこと

復縁の強い味方

私自身、復縁した経験がありますが、復縁に導いてくれたのは人気占い師でした。

ここではお2人、オススメの方を紹介します。

聖(ひじり)先生

勇気を出して彼に連絡をするなら、復縁の成功率の高いときに連絡したいですよね。

その好機を的確に教えて下さると評判なのが、聖先生です。

せっかく上手くいくべき復縁を、タイミングの間違いで壊してしまわないよう、ぜひ先回りして聖先生に聞いておきたいです。

CHECK聖先生の詳細・口コミはこちらから

可愛クリスティーノ先生

恋愛の悩みなら、一度はクリスティーノ先生に相談して後悔なし。

「恋愛の神」と呼ばれ、行動するタイミング、彼に送る文章、復縁までのストーリーが完璧と知られる先生です。

CHECK可愛クリスティーノ先生の詳細・プロフィールはこちらから

こんな記事も読まれています
タイトルとURLをコピーしました