付き合う前なのに2回めの体の関係|ここからでも本命になれる?

恋愛運

付き合う前に体の関係をもつと、ちょっと不安になる。

ましてや1度だけでなく、2回目も体の関係になったときの対処法です。

この記事を書いた人

のの子
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。

付き合う前に体の関係になると彼女にはなれないって本当?

まず最初に「付き合う前に体の関係になってしまうと、本命の彼女になるのは難しい」という意見が根強くありますが…。

現実は、そんなことはありません。

体の関係がきっかけで恋愛が始まり、結婚まで発展しているケースも多くありますよ。

どうしよう…。

体の関係持っちゃった。

もう無理かな?

と思っている人も心配しないでください。

どんな始まりをしようと、結ばれるべき人とは結ばれます。

恋愛の境界線があいまいになっている

大人の恋愛になると始まり方も多様化する

「付き合ってください」という言葉から交際が始まり、2人が恋愛関係になる流れが絶対なのは10代のころ。

友達に彼氏ができると
「どっちから告白したの?」
「どんなふうに告白されたの?」
なんて話で盛り上がりましたね。

しかし時がたち、20代、30代と年齢を重ねていくと、恋愛の始まり方も多種多様。

付き合おうなんて言葉がハッキリないまま、いつの間にか交際が始まっていたなんてこともあります。

だから「恋愛の始まりは、体の関係を持ったこと」という話は、世間ではよくあります。

付き合う前の体の関係を肯定する人も多い

付き合う前に体の関係になることもOK派、NG派、どちらでもない派がいます。

一番多いのは、特に意見をもたないどちらでもない派。

なかには、付き合う前に体の関係を持つことで、相性などを確認したいOK派もいます。

だから、「付き合う前に体の関係になると本命になれない」なんてことはありません。

かと言って、必ず付き合えるわけでもありませんが、致命的な失敗ではないのです。

日本人は空気を読む人種である。

日本には「阿吽の呼吸」など相手を呼吸でわかる特製があります。

だからこそ、彼と2人で良い雰囲気になったとき、お互いの好意を空気で読んで理解し、そのまま体の関係になることもあるでしょう。

そこで変に断って気まずくなっても嫌ですもんね。

付き合う前に体の関係を持つリスクもある

ただ、当然体の関係になることにリスクがあることも覚えておきましょう。

リスク①遊ばれる可能性は捨てきれない

いわゆる「ヤリ目」といわれる体だけ目当てのケースもあるでしょう。

ただ、そういう遊び人というか、「その場で1回だけでも体の関係持てたらいいな」と思っている人って、態度は言葉の端々に欲求が出ますよね(笑)

かしこい女性なら、そう簡単には思う通りにはならないかと思います。

女性は好意を持っているのに、男性は体だけ…って辛いケースは落ちてしまいますよね…。

リスク②体の関係を持ったことを第三者に話される

これも女性には理解しがたいのですが…。

女性は本命の彼のことを周りに話したがります。

男性は逆で、遊びの女性のことを武勇伝のように周りに話したがります。

ということは、もし彼が1度だけ体の関係になることが目的だった場合、外であなたの話をされることはあり得ない話ではありません。

1度だけの関係を外で話されるのって、本当に嫌ですよね。

そんな事されたら、彼とはスッパリ絶縁してくださいね。

リスク③軽い女と思われる

あなたも彼もお互いに好意を持っていて、これから恋愛に発展するかもしれない。

そんなときに「軽い女」と思われるリスクはあります。

男性は不思議なもので、体の関係を持ったら急にヤキモチをやくようになったり「本当に俺の事好きなの?」と不安になることもあります。

俺以外の人とも、こんな関係になるのかな。

なんて思われると、思わぬリスクを抱えることになります。

CHECK付き合おうと言わない男を分析|体だけ?それとも本気?彼の行動から本音を見抜く

付き合う前の2回目の体の関係が意味すること…

ここまでを振り返ると、付き合う前に体の関係を持っても十分に本命になれることがわかりました。

しかし好意があれば、1回目のあとに気持ちを伝えられ、丸く収まっているのでは?と思った人もいるでしょう。

曖昧な関係のまま2回目の体の関係を持つことは、何を意味するのでしょうか?

確かに彼が遊びである可能性も当然高くなりますが、ここでも必ずしも遊びとは言い切れません。

彼のプライド、恋愛スタイルなどが理由で、付き合おうと言われないこともあります。

どんなケースかみてみましょう。

告白するのが苦手なタイプ

キッパリ告白するのが苦手なタイプも多いです。

「振られるかもと思うと、怖くて言えない」のが深層心理です・

プライドが高い

プライドが高くて、自分の気持ちを素直に出さないタイプ。

女性から改めて「付き合ってください」と言うと喜んだりします。

すでにあなたの好意を確信している

彼女は完全に俺に惚れてるね!

と、あなたの好意を完全に確信し、強く安心しているケースです。

女性に追われたい男性なら、なかなか付き合おうと言いません…。

このようなタイプは「ヤリ目」ではないので、あなたが本命であることに間違いはないですが、いらないプライドを捨てて欲しい気もしますね。

不安にならずに恋愛するための対処法とは?

何となく彼が優勢になっている恋愛。

ここでハッキリ本命であると確信を持ち、不安なく彼を付き合うためにはどうすればいいのでしょうか。

やっぱりきちんと気持ちを伝えた方がいいな。

と彼が思ってくれるための方法です。

デートのパターンを変えてみる

ちょっとだけ彼を焦らす方法
  • 食事のあと「明日が早いから」など理由をつけて、早めに帰る。
  • 彼が誘ってきたとき「今週は忙しいから」と言ってランチだけならOKと伝える。

「あれ?まだ完全に落ちてない?」と彼に気づいてもらいましょう。

それには2回目以降、体の関係を少しお預けにすること。

重くなるのは絶対にNG

私のこと、どう思ってるの?

何も言ってくれないと不安で…。

と重たくなるのだけはNG。

彼はますますあなたの好意に自信を持ち、これからの恋愛が完全に彼のペースで進んでしまいます。

付き合う前に2回目の関係を持つのは、もし遊びでないなら、「俺はあなたから愛されている」という自信家です。

自信家にはもっと自信を与えるよりも、少し焦らせるくらいがちょうどいいです。

まとめ

  1. 付き合う前に体の関係になるケースは増えていく。
  2. 2回目の関係のあとも曖昧なままでも、まだ可能性はある。
  3. この先彼を追うばかりにならないよう、体は少しお預けにして。
タイトルとURLをコピーしました