彼氏を疑うのをやめたい人へ|今すぐ嫉妬深い女から卒業できる

恋愛運




あなたが今、この記事を読んでいらっしゃるということは、あなたは気づいたんですね。

彼を疑ってるけど、これって無駄じゃない?

このまま彼を疑い続けると、きっと彼が私を嫌になって別れることになる…。

そう、「疑うのをやめなくちゃ!」と思った時点で、あなたは偉い。

現実はとても皮肉なものです。

本当に浮気をしていて、疑われても仕方のない人ほど全く疑われない。

逆に、全然疑われることをしていない人ほど、なぜかパートナーに疑われている事実。

本当に何もないから、疑われることを心底ウザいと感じてしまうのです。

この記事を書いた人

のの子
占い師に恋愛相談していた7年間の経験から知った、深層心理や対処法を紹介しています。

本当に浮気の心配はないの?彼は私を愛しているの?

「そうは言っても、本当に浮気してないの?」と疑う人もいるでしょう。

大丈夫です。

まず、本当に疑いを持つようなことが起きているときには、「女の勘」がバリバリ働くので、「彼を疑う自分が嫌…」なんてこれっぽっちも思いません。

また、彼氏が本当に浮気をしているときは、あなたが疑わなくても「浮気の証拠」が向こうからスルリとやってきて、あなたの目に入ります。

「女の勘・浮気察知アンテナ」がガンガン異変を察知し、心の中では「彼は絶対浮気している」という「強い確信」が持てるほどです。

「これから始まる戦いに向けて準備しなくちゃ…」と冷静に戦闘態勢に入るような状態で、ハッキリ言って、日々感じている「疑う自分に嫌気がさす」とは全く違います(キッパリ)。

大切なのでもう一度言いますが、「疑うのやめなくちゃ!」と思うような疑いのレベルと、本当の修羅場は全然違います。

だから、「疑ってばかりで反省」しているあなたの心配は、ほぼ現実ではありません。

彼はあなたをすごく愛している可能性が高いですよ!

あなたが疑い深くなっている原因は?

あなたのエネルギー値が高い

あなたはきっと、とてもエネルギーが高い人。

彼に対する「愛」というエネルギーが有り余っている状態。

元々彼のことを本気で疑っているのではないかもしれません。

本音はそう…

もっと私を見て!

もっと愛されている実感が欲しい。

もっと私を追っかけて!

私以上に私のこと愛して!

もっと燃えるような恋愛をする2人になりたい!

と、彼に対しても恋愛に対しても理想が高く、自分でかかげた理想と現実のギャップに悩んでいるのかも。

恋愛には台本などはありませんから、当然彼の行動も100%あなたの思い通りになることはありません。

なんで仕事が終わったら、すぐにLINEくれないの?

男友達と飲むよりも、私と一緒にいて欲しい。

誰もが心の奥にある、「実は彼に望んでること」がフツフツと見えないエネルギーとなって蓄積されていきます。

ただし、自分のワガママをそのまま彼にはぶつけられない。

だけど彼を疑えば、彼を悪者にした状態で気持ちをぶつけられます。

人を好きになるって、本当に面倒くさいですね。

誰もが苦しむ自分の本音との闘いです。

自己肯定感が低くて疑ってしまう

自己肯定感が低い、自信がない人も苦しむのが「理由のない嫉妬」です。

こんな私のこと、本気で好きなはずがない。

と、心のどっかで思っていたら、ついつい「本気で好きなはずがない」という確証を探してしまいます。

彼を疑うのをやめるためにどうすればいい?

彼がいない時間をあえて作る

あなたが彼を疑ってしまうのは、彼の問題ではなく、あなた自身の問題です。

あなた自身、どう変わればいいのか。

一番大切なのは、あなた自身の彼に向いているエネルギー値を下げることです。

一番手っ取り早いのは、物理的に距離を置くこと。

「彼とはしばらく会わない」とか、そんな大袈裟なことをしなくても大丈夫。

彼と一緒にいないときでも、あなたは1人で十分楽しめるんだ!と実感出来れば大丈夫なのです。

習い事を始めたり、ジムに通うなど、定期的に「彼なしで楽しむ時間」を作ってみてください。

私、彼に頼らなくても大丈夫じゃん!

とわかれば、彼や恋愛に幸せを依存しなくても大丈夫だとわかれば、彼に向けられたエネルギー値が下がってきて、バランスが取れだします。

彼の周りの女性と戦わない

自分で嫌になるほど彼を疑うときって、嫉妬の対象がとんでもないところまで広がります。

彼の女友達はもちろん、同僚や上司の女性、彼の母親や姉、妹。

ときには彼が女性タレントを褒めただけで激怒するほど、彼の周りにいる全ての「女性」をライバルとして見てしまい、全てに嫉妬します。

闘志をむき出しにして、周りの女性と張り合うあなたを彼は魅力的と思うでしょうか。

絶対に思いませんよね…。

嫉妬の対象が広がるということは、敵が増えるということ。

増え続ける敵に負けないため、更にあなたのエネルギーを彼を疑うことに使ってしまいます。

彼の周りにいる全ての女性と勝負するのは無理です。

すみやかに勝負の土俵から降りて、彼の周りの女性にエネルギーを向けるのをやめましょう。

「敵はいない」
「そもそも敵ではなかった」

と気づけば、次第にあなたのエネルギーも沈下してきます。

恋愛の理想が高くなるようなものを見ない・聞かない

嫉妬心や疑いは、「理想の恋愛が出来ていないのは彼のせい」と思っている気持ちが形をかえて表面化したもの。

ロマンティックな恋愛映画、愛があふれる歌詞の唄などを聞きすぎていると、知らず知らずのうちに

なんで彼氏は映画のように私を愛してくれないの?

と心がモヤモヤしている可能性があります。

「あんなラブロマンスは映画の世界!」と笑い飛ばし、一旦恋愛映画を見るのをやめてみましょう。

映画を見るならコメディやお笑いにするといいですよ。

笑うことも幸せのひとつだし、思考もプラスになります。

参考記事重い女をやめたい|脱却しよう!今日から改善できる10の秘訣

高ぶる情念が深い愛へと変わるとき

あなたの情念が静かなる愛にかわるとき、彼ともエネルギー値のバランスがとれるようになり、嫉妬や疑いがなくなり、あなた自身も楽になります。

彼への愛情が下がったのではありません。

荒れ狂う嵐の海が、穏やかな波だけどキラキラと光を放つ海に変わっただけです。

静かな海は、全てを包み込むような愛情であふれていますよね。

海となったあなたの愛で、彼をとりこにして幸せな日々を送ってください。

まとめ

  1. 「浮気の心配」は、ほとんどの場合心配しすぎでしかない。
  2. 「疑う気持ち」は理想の恋愛が出来ないと思った時に始まる。
  3. 彼に向けられたエネルギーを鎮め、1人の時間を持つのがベスト。
タイトルとURLをコピーしました