自分らしく生きる事の難しさ|無理して付き合ってるグループから抜け出したい!

人間関係




ママ友トラブル。
ご近所同士での人間関係。

大人になってもなかなか抜け出せない
複雑な人間関係に苦しむ人は多いです。

無理してまで仲良くしたくない。

でも、付き合いを辞めたら
何を言われるか不安。

のびのびと日々を過ごしたいのに
チクチクと周りの目が気になる。

解決方法はあるのでしょうか。

子供社会から根強くある
人間関係の問題をまとめました。

子供社会に存在した階級

先日、電話占いヴェルニのコラムで
とても興味深いものを見つけました。

高校生のまで、優越感と安心感を感じたくて、無理してクラスで一番目立つ、派手な人気者グループに属していた経験があります。でも、ちっとも楽しくなかった。

この経験、私にもありますし
多くの人が同じ経験をしています。

子供社会にも何となく階級があり、
一番目立つ、人気者、派手なグループが
子供社会のピラミッドの頂点。

そこから2番目グループ
3番目グループと自然と階級がある。

1番のグループにいるのが
一番自分らしくて、楽しい人もいるでしょう。

ただ、無理して、頑張って
人気者グループにいる人もいる。

2番目グループに属する事は
ランク落ちした気がしたり、
人の目が気になったりするんですね。

ずっと人気者グループにいたいから
休み時間になると必ず
グループの集まる場所に行き、
嫌な事があっても我慢する。

わかってはいるけど抜け出せない人間関係

今、高校時代を振り返ると
「バカな見栄を貼っていなたぁ。」
と思えます。

階級なんて関係ないし。

本当は自分が居心地の良いところに
いるのが一番だし。

もし、自分に子供がいて学校で
昔の自分と同じような事を
していたとします。

子供に何と声をかけますか?

無理して〇〇ちゃんと一緒のグループにいる必要ないよ。●●ちゃんとか、優しい子もいっぱいいるじゃない。誰と仲良くしてるかで、あなたの価値は決まらないよ。

と声をかけてあげませんか?

クラスで目立つ、派手なグループにいることや
友達の数で人の価値は決まりません。

でも、わかっているようで難しい。

大人になっても
「無理してグループに所属する」
という習慣から抜け出せない
人も多くいるのです。

人間関係の階級は、いたるところに存在する

会社のように、明確な上下関係がある中で
少しでも上の人に気に入られたい
という人もいますよね。

無理するどころか、喜んで
強いものに巻かれている人。

仕事が終わっても上司と飲みに行く。
やたらと上司を持ち上げる。

社内の権力者と仲良くしていることが
自慢で仕方がないのでしょう。

自慢したい人、優越感を感じたい人は、
変わらず取り巻きを続けていればいい。

無理してグループに所属するのを
辞めるべき人は・・・

「全然楽しくない。」
「自分らしくできない。」
「この人間関係いらない。」
と気づいてしまった人。

「なんか、無理してこのグループに属してるよね私。」
と気づいたら、1秒でも早く
抜け出した方が良いのです。

抜け出さないと繰り返し起こる人間関係の壁

最初に紹介した
電話占いヴェルニのコラム。

当時、人気者グループに
無理して属していたけど
楽しくないと気づいたあとは
どう解決されたのでしょうか。

優越感を感じるために、人気者グループに無理して所属することを小・中・高と続けて、自分らしくない事に気づきました。あるとき、グループのみんなのところに行かずに一人で本を読んだり、絵を描いたりして過ごすことにしました。すると同じく本や絵が好きな友達が出来て、もっと楽しくなりました。

〇優越感を味わう事
〇一目を気にする事
〇何か言われたらどうしようという不安。
この3つを勇気をもって辞めたのです。

〇自分らしく過ごすこと。
〇自分の居場所は自分で作る事。
子供ながらに2つの事を学んだそうです。

また、興味深かったのは、
行動を変えたあとも人気者グループとの
人間関係はより良くなったというのです。

無理せず、自分が楽しむことが
仲間の関係をよりよくするのですね。

高校生ながら勇気を持って
ありのままの自分の大切さを
知ったというコラムでした。

大人になっても続く友達という名のしがらみ

ヴェルニの口コミを読むと
大人になってもママ友との関係に
悩む人からの相談も多いです。

子を持つ母になっても
グループを作りたがったり
ちょっと違う行動をしたママ友を
集団でいじめたり。

そんな事が起こっているのです。

私自身も、何度も経験しました。

趣味の場所で顔を合わせる仲間の
金銭トラブルに巻き込まれたり。

仕事で取引先の人に急に無視されたり。

どこかで人付き合いの壁を
超えなければ、トラブルは
形を変え、人を変えて
また降りかかってきます。

勇気は必要ですが、思い切って
キッパリ付き合いを辞めること。

それが一番です。

チャンスは定期的にやってくる

しがらみだらけのグループから
抜け出すチャンスは
定期的にやってきます。

私の場合は、
〇結婚したとき。
〇仕事を辞めたとき。
〇趣味の場所に行かなくなったとき。
〇引っ越しをしたとき。
などがチャンスでした。

「もう会えません。」と堂々と言える
大きなチャンスです。

でも。2度と会わないまで行かなくても
「今日は行かない。」
「その日は、読みたい本がある。」
など、言える機会を逃さずに
ちょっとずつ断ってみること。

小さいチャンスに勇気を出す習慣が
大きなチャンスを呼び込みます。

どうしても勇気が出ない時は

属しているグループのみんなと
別行動をするのに、どうしても
勇気が出ない場合は
私もように、占い師に聞いてみるといいです。

人間関係を変えるチャンスは
いつ頃、どのように来るのか。

どんな行動をすると良いかなど
教えてくれますよ。

少し先に未来がわかれば今よりも安心して
過ごすことが出来ますよ。

最後に

誰と付き合っているのかで
あなたの価値は決まりませんよ。

友達が一人もいなくたって
あなたのすばらしさは変わりません。